【運用】日米株暴落!その時あなたが取るべき行動は!?【初心者】

暴落.jpg はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから
日本の現状
運用・資産管理
株式に関して
債券に関して
投信に関して
タイトルのお話しの前に昨年も書きましたが今年ももうすぐ終わるという事で損益通算について
今年は株、債券であれば25日が損益通算できる最終日となります(日本株系の投信以外はもうできません)
詳細はコチラ

1年を振り返る


今年の相場は不透明で予測できない事が多発し不安定な相場でした。

■アメリカの利上げペース
■米中関税問題(ファーウェイ問題含む)
■アメリカ中間選挙
■サウジアラビア問題
■原油価格の暴落
■イギリスEU離脱問題

などなど
言い出したらキリがないですがとにかくトランプ中心に振り回される形になりました。


スポンサーリンク

暴落時にどう対応していくのか


直近の下げは1月後半から3月の下落を超え日米ともに株価は年初来安値を更新しております。

運用を始めた方、もちろん運用歴の長い方でもこの相場はしんどくなっていることでしょう。

ただし、運用を考える上で一番重要なのはこの悲観的な状況でも冷静に物事を考えるようにする事とニュースや新聞などのメディアに惑わされない事。

私も仕事上、相場に直で接しているのでこのような状況の時にどのような行動を取るべきなのか悩み続けてきましたが情報収集する中ですごくわかりやすくまとまっているレポートがありました。

約1年前のブログでも書いておりますが(仕事忙しい為ブログ更新全然できてませんでした)
それによると暴落時取る行動としては
①暴落理由の確認

②株価の水準が現在の企業業績に対して高いのか安いのかの判断

③自分の許容リスクの確認(現在の資産状況から1年後に3分の1になってもまだ大丈夫なら継続保有)

④投資行動を決める(基本は待ちの姿勢、状況に応じて少しずつ買い増ししておく)

③に関してはいくら下がろうが継続保有していきた方の大半は資産が戻ってきています、むしろ大幅なプラスになっている方も多くいるはずです(個別株の中には下がったまま株価が戻ってないものもありますし、投信も投資対象を間違えている方はいまだにトータルリターンマイナスかもしれませんが)

④に関してはなかなか難しいと思うのですが、例えば、リーマンショック時、皆さんが売却している最中に少しずつでも買い続けた方は利益を上げる事ができました(何を買うのかも重要ですが)

現状を把握し大衆心理と相場の動きの逆の行動を取れる人達が過去の歴史上利益を出してきたのはまぎれもない事実であります。

決して売らなければ大丈夫だと言う事ではないですし、むしろ売却した方がいい場合もありますが、お伝えしたい事はまずは冷静にご自身でしっかり今の状況を把握しゆっくり次の行動を考える事だと思います。

ちなみにデイトレや1ヶ月~1年未満での短期思考の方にはあまりこの考え方は合わないかもしれません。あくまでも運用というのは長い時間軸でリスクを低減して様々な資産に分散させながら少しずつ増やしていく事がメインであるのですから。




この記事へのコメント