【経済ニュース】予想通り!?米中貿易戦争再燃??【2019】

ニュース(国内) .jpg
はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから
日本の現状
運用・資産管理
株式に関して
債券に関して
投信に関して

やっぱりと言うか予想通りと言いますかトランプ大統領のツイッターでアジア市場中心に株価が大きく下落しました。

日本でも令和初取引は貿易摩擦再燃懸念の影響で-335.01円。

このまますんなりこの問題が解決するとは思っていなかったのでそこまで心配はしておりませんが、今年は年初から世界中の株式が順調に戻ってきていたので調整してもう少し下げてくるかもしれませんね。

また、アノマリーのブログでも紹介した「セルインメイ」

現実となるなら5月中は軟調でしょうか。

そんな中、今回ひとつ紹介したい
それは東証業種別指数騰落率です。

東証1部に上場している会社はサービスや小売など33業種に分類されています。

今回の貿易摩擦懸念でほとんどの業種が下がりましたが実は上がっている業種があります。

上昇率の高い上位5業種を挙げてみると

1.医療 2.精密 3.水産 4.不動産 5.情報・通信

逆に下げが大きかった業種は

1.鉱業 2.機械 3.ガラス 4.石油 5.海運

になります。

このようなニュースが出たときに上昇する業種の中から株を選ぶのも一つの手かもしれません。(医療は変動が激しいのでリスクは大きいですけど)

逆に言うと、下落が激しい業種は選択から外すようにするとリスク回避できるかもしれません。(リスクを取れる方は逆張りも一つの手ではありますが)

いずれにしても、様々なデータを知っていて損はありませんので今後も色んなデータを紹介できたらと思います。

この記事へのコメント