【株】中国関連企業50社から利益を狙おう【銘柄選び】

株式ー中国関連銘柄.jpg
はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから
日本の現状
運用・資産管理
株式に関して
債券に関して
投信に関して


米中貿易摩擦懸念と米国金利の影響もあり年末暴落したわけですが、VIX指数が約25ポイントまで上昇した10月11日を起点(100とした時)にし現在の世界の株価を確認してみると

日経平均 93

NYダウ 104

上海総合指数 113

SENSEX 117

ボベスパ 119

実は日経平均以外の世界各国の株は昨年の暴落起点の水準を上回っています。

日本株の戻りが遅い理由としては米中貿易摩擦の影響もあるでしょうが、7月の参院選や10月の消費税増税などの事もあるかもしれません。

ただ、米中の貿易摩擦がポジティブな方向に動くような事になれば戻りが鈍く下げている株は急速に値を戻すかもしれませんし、すでに2018年10月11日水準を超え順調に上がっている銘柄はさらに上昇スピードを上げていくかもしれません。

そこで今回は中国に関係する企業の中から今後値を戻し利益を出せる可能性のある企業を探していこうと思います。

スポンサーリンク

日経中国関連株50

日経中国関連株50とは日経新聞が算出、公表している中国で積極的に事業展開を進める日本の主要企業50社の株式で構成されている株価指数になります。

構成銘柄と2018年10月11日を起点(100)にした時の現在(2019年6月13日)の株価水準をまとめていきたいと思います。
※小数点は省きます
<小売業>
セブン&I 75
良品計画 59
イオン 68
ファーストリテイリング 114

<繊維製品>
東レ 99

<化学>
旭化成 73
住友化学 80
信越化学 104
三井化学 98
三菱ケミカルHD 75
花王 98
日本ペイントH 116
資生堂 116
日東電 63
ユニチャーム 101

<石油石炭製品>
JXTG 63

<ガラス土石製品>
TOTO 90

<鉄鋼>
日本製鉄 81
神戸鋼 70
JFEHD 61
住友鉱 79

<機械>
オークマ 88
SMC 118
コマツ 76
日立建設 79
ダイキン 98
日精工 75
三菱重工業 107

<電気機器>
日立 114
三菱電機 97
パナソニック 68
ソニー 87
TDK 72
デンソー 85
ファナック 101
京セラ 110
村田製作所 86
東京エレクトロン 102

<輸送用機器>
日産自動車 75
トヨタ 102
ホンダ 89

<精密機器>
ニコン 75
キャノン 90

<卸売業>
伊藤忠商事 92
丸紅 72
三井物産 87
住友商事 88
三菱商事 83

<海運業>
商船三井 75

<その他製品>
ピジョン 68

となっております。

個々で米中貿易摩擦以外にも問題抱えている会社もありますが、これらの中にこれから大きく上昇し利益を取れる銘柄が隠れているかもしれませんね。
ご関心ある方は銘柄選定の際に参考にしていただければと思います。




この記事へのコメント