運用初心者が知っておくべき日本の現状-③

それでは日本の現状最後の確認です。 3.低金利・インフレ政策 ご存知の方多いと思いますが今の定期預金の金利いくらかわかりますか? メガバンク、主要地銀などほとんどが、、、0.025%です。(是非、ご自身のメインバンクのサイトで確認してみて下さい) 仮に1000万定期に1年置いておいてもらえる金額は利子所得の税金引いて、、おおよそ1900円。 満期迎えて銀行に取りにいく交通費でほとんど消えちゃいます。 日本の預金金利推移 ここで比較するのにわかりやすくゆうちょ銀行の預金金利の推移を確認してもらえればと思います。 私が生まれた 1980年 普通預金 2.75% 定額貯金(3年以上) 7.25%  す、、すごい。。 1990年 普通預金 0.75% 定額貯金(3年以上) 5.00%2014年 普通預金 0.02% 定額貯金(3年以上) 0.04% マイナス金利導入した 2016年 普通預金 0.001%定額貯金(3年以上) 0.025% 昔はほんとにすごいですね、、、定額7~8%なんて、、10年預けたら倍なってますから。 今こんな金利取ろうと思ったらブラジルレアルやトルコリラの通貨で外債保有するしかないですもんね。 日本はバブル崩壊後の失われた20数年間の間に超低金利時代に突入してしまいました。景気低迷している状況を打破する為に日銀が取った行動が利下げです。 政策金利を下げる事で貸し出し金利等皆さんの身の回りにある金利を下げる事によって借りやすくし市場にお金を流れや…

続きを読む

運用初心者が知っておくべき日本の現状-②

それでは前回の続きです。 2.少子高齢化・人口減少 もうご存知かとは思いますが平成27年国勢調査の人口速報集計結果で日本の人口が、1920年の国勢調査開始以来、初めての減少となりました。 日本は世界に誇る長寿国になっているのに人口減。 やはり出生率に関係しているのかなと考えられます。子供が増えないのだから当然ですね。 自分も2人の子供を持つ親ですが本当に子供育てずらい環境になっていると思いますし何よりも昔と違い賃金や物価が違いますからね。子供産みづらいですよ、、ましてや女性の社会進出なんて言ってますから尚更結婚する人も少なくなり悪循環のような気がします。(ちょっと脱線しました) 少子高齢化・人口減が生み出す問題 歴史を振り返ってみると日本は1960年代から人口ボーナス期に入り高度成長迎えました。 経済成長率=人口増加率+労働生産性上昇率の公式がそのままあてはまるのであればこれから人口が減り続ける日本は大きな成長は見込めず衰退していくことになるでしょう。 日本の成長は人口増加とは関係ないしAI化を進めて労働生産性を上げていけばいいじゃないかというような意見もありますが、 問題なのは、、 15歳~64歳の労働生産人口が減り、社会保険料や年金を払う世代が少なくなり一人一人の負担が増えていく事 高齢化で病院に入院できる人が限られたりまともな治療を受けれない方が増えていく事 年金支給年齢も上がり、さらに受給額も減り続ける事等 こんな状況をカバーし減少率を上回る労働生産性を確保する…

続きを読む

運用初心者が知っておくべき日本の現状-①

それでは今回から様々な情報を元に資産運用の重要性を根本的な問題の部分から皆さんに確認して頂ければと思います。 なぜ、これから自分のお金は自分で守らなければならない時代になるのか。 その問いに答える為には今の日本の現状を確認しておかなければなりません。 問題は大きく分けて以下の3点です。 1.金融リテラシー教育の遅れ2.少子高齢化・人口減少3.低金利・インフレ政策 1.金融リテラシー教育の遅れについて 金融リテラシーとはなんぞやと思われる方いらっしゃると思いますが単に 「子どものうちから世界経済の事を少しずつ理解していき正しい金銭感覚やお金の仕組みを学びましょう」って事です。 米国や英国では義務教育に組み込まれているようですが、日本ではようやく最近、小学校の家庭科や社会科の授業の一部に組み込まれ出しているとの事です。 正直遅すぎますよね。 日米の個人金融資産総額 やはり、長い時間軸でお金の運用の大切さを勉強してきた国とそうでない国では大きな差が開いてしまいました。 1990年代日本の個人金融資産 約1000兆円→2017年 約1800兆円(1.8倍) 1990年代アメリカの個人金融資産 約20兆ドル→2017年 約80兆ドル(4倍) もちろん、アメリカの若者でも運用等に全く興味持ってない方もたくさんいるみたいですし、世界の基軸通貨、つまり世界の中心がアメリカになった事もありますから全てが金融リテラシーによるものだとは思いません。 ですが、ここでもう一つ面白いデータがあり…

続きを読む