【株】中国関連企業50社から利益を狙おう【銘柄選び】

はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから 日本の現状①/②/③ 運用・資産管理①/② 株式に関して① 債券に関して① 投信に関して① 米中貿易摩擦懸念と米国金利の影響もあり年末暴落したわけですが、VIX指数が約25ポイントまで上昇した10月11日を起点(100とした時)にし現在の世界の株価を確認してみると 日経平均 93 NYダウ 104 上海総合指数 113 SENSEX 117 ボベスパ 119 実は日経平均以外の世界各国の株は昨年の暴落起点の水準を上回っています。 日本株の戻りが遅い理由としては米中貿易摩擦の影響もあるでしょうが、7月の参院選や10月の消費税増税などの事もあるかもしれません。 ただ、米中の貿易摩擦がポジティブな方向に動くような事になれば戻りが鈍く下げている株は急速に値を戻すかもしれませんし、すでに2018年10月11日水準を超え順調に上がっている銘柄はさらに上昇スピードを上げていくかもしれません。 そこで今回は中国に関係する企業の中から今後値を戻し利益を出せる可能性のある企業を探していこうと思います。 スポンサーリンク 日経中国関連株50 日経中国関連株50とは日経新聞が算出、公表している中国で積極的に事業展開を進める日本の主要企業50社の株式で構成されている株価指数になります。 構成銘柄と2018年10月11日を起点…

続きを読む

【運用】どんな株を買えばいいの?価格決定要因からみる勉強すべき3つの事【初心者】

はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから 日本の現状①/②/③ 運用・資産管理①/② 株式に関して① 債券に関して① 投信に関して① 今回はどんな株を購入したらわからないという人の為に基本的な選定方法をご紹介していきたいと思います。 株価決定要因 まず、株を選ぶ為に知っておかなけらばならないことは株価の決定要因になります。 株価はどのようにしてその価格をつけているのか。 その流れ、仕組みを知る事が一番大事になります。 まず1番目に考えるのは経済の動向になります。 例えば、国内外の景気動向、財政、金融政策、金利、為替など大きなカテゴリーの状況などになります。 2番目に企業内の動向。 これは業種毎や個別企業の財務状況、収益、負債や新商品の流行や新技術の発見など小さなカテゴリー 3番目に市場の動向。 投資家の心理状況や需給(海外投資家の売買代金や信用残、裁定残など←こちらに関してはまた別で記事にします) この順番で株価は形成されていると捉えるのが一般的です。 注)ただし、天変地異や戦争などのような経済外の事が起こると株価決定要因は全て無意味。分析も何もありません。一度暴落します。アメリカの9.11や東日本大震災がわかりやすいと思います。 実際に注)の状況を除き、上記説明を前提とし購入する株を考える時に1番目から2番目と順番に株を選定していく方法をトップダウン…

続きを読む

運用初心者向けの株式基礎知識

それでは今回から金融商品のお話をしていきます。 運用をするにあたって外せない『株式』『債券』『投信』の3つの基礎知識や特徴、リスク、派生商品、税金等について説明をしていきますが今回はまず『株式』から。 株式はギャンブルだと思われている方が多いのですが投資する目的や使い方を誤らなければ皆さんにとってプラスになる部分がたくさんありますので色メガネを一度外して確認してもらえればと思います。 株式を知る為にはまず覚えておかないといけない知識やルール、言語があります。その中から特に重要な部分を簡単に。 株式市場 まず、日本国内に証券取引所は4か所(東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所)、大阪証券取引所は東京証券取引所と合併してます。基本的に株式の取引は東京証券取引所(東証)がメインとなりますので東証での取引中心で説明していきます。 現在上場している企業は約3700社。これらは全て様々な市場に分類されております。 メインの東証市場は東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズ(馴染みのない業種や規模が小さい会社、新興市場とも言われています)に分かれており皆さんの馴染みがある会社の大半は東証1部となります。ちなみに東証1部でおおよそ2100社になります。 市場の違いは単純に会社規模や時価総額(発行株数×株価)、売上、株主数、株の流動性(どれくらい株式が取引されているか)など一定条件の元分別されていると思ってもらえれば構いません。 一定条件を満たさなくなれば東証1部から…

続きを読む