運用初心者向けの投信基礎知識

それでは今回は投資信託、いわゆる投信についてお話していきたいと思います。 仕組み まずは仕組みから説明していきます。難しく考えてらっしゃる方が多いのですが非常に簡単です。皆さんから大なり小なり集めた資金をひとつにまとめて運用する金融商品です。一つにまとまった資金を運用のプロ(一般的にはファンドマネージャーと呼ばれます)が様々な運用方針に基づき運用収益を上げるようにしていきます。その収益を投資家が投資した資金の割合に応じて分配されます。 <出典:投資信託協会> イメージ図で流れはわかると思いますが 投資家:実際に投資される皆さん 販売会社:野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、、等 運用会社:野村アセットマネジメント、大和証券投資信託委託会社、東京海上アセットマネジメント、T&Dアセットマネジメント、日興アセットマネジメント、フィデリティ投信、ブラックロックジャパン、アムンディジャパン、、等 金融市場:日本を含む世界中の株式、債券市場など 信託銀行:三菱UFJ信託、三井住友信託、みずほ信託、、等(投資信託で運用されている資産は全て信託銀行で分別管理されていますので販売会社、運用会社、信託銀行などが破たんしても投資した皆さんの資産は保全されています) 本数 実は日本国内で販売されている投資信託は株式を上回る約5000本。どこの証券会社でも購入できるわけではなく商品毎に購入できる証券会社が決まっています。 投資…

続きを読む