コロナショックはリーマンショックを超え未知の領域へ!!今、運用初心者が取るべき行動とは!?

はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから 日本の現状①/②/③ 運用・資産管理①/② 株式に関して① 債券に関して① 投信に関して① 目次なぜコロナショックはここまでの暴落を引き起こしたのかリーマンショックとコロナショックを指数等から比較するなぜ株は暴落しているのに為替は落ち着いているのか金融緩和はもう効かない!?暴落時に運用初心者が取るべき行動とはなぜコロナショックはここまでの暴落を引き起こしたのか まず、流れを確認していくと 昨年12月中国武漢で新型コロナ発症者見つかり今年に入り中国で感染者が拡大していく。 ↓ 春節明けの上海株式市場は10%近く暴落、すかさず約19兆円の資金投入を決める。せっかく米中貿易摩擦が少しずつ緩和されていきそうな状況であったのに、この状況をみて再度、サプライチェーン(原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がりの事を言います)に不安が出始める。 ↓ アジア各国にも広がりを見せ始め、外出の自粛などで実体の経済活動にも徐々に影響が出始める。 ↓ 感染者が急拡大し始め、中国より1か月ほど遅れアジア各国、アメリカ、欧州の株式市場も徐々に株価が崩れ出す。 ↓ 各国で施設の閉鎖やイベント中止、海外への移動制限もかかり始め国際経済に影響を与え始める。 ↓ 各国の中央銀行が金融政策を打ち出し始める。 ↓ 株式のボラティリティ(変動)が激しくなりなかなか下げ止まらない中、追い…

続きを読む

【運用】日米株暴落!その時あなたが取るべき行動は!?【初心者】

はじめてこのブログを見られる運用初心者の方はまずこちらから 日本の現状①/②/③ 運用・資産管理①/② 株式に関して① 債券に関して① 投信に関して① タイトルのお話しの前に昨年も書きましたが今年ももうすぐ終わるという事で損益通算について 今年は株、債券であれば25日が損益通算できる最終日となります(日本株系の投信以外はもうできません) 詳細はコチラ 1年を振り返る 今年の相場は不透明で予測できない事が多発し不安定な相場でした。 ■アメリカの利上げペース ■米中関税問題(ファーウェイ問題含む) ■アメリカ中間選挙 ■サウジアラビア問題 ■原油価格の暴落 ■イギリスEU離脱問題 などなど 言い出したらキリがないですがとにかくトランプ中心に振り回される形になりました。 スポンサーリンク 暴落時にどう対応していくのか 直近の下げは1月後半から3月の下落を超え日米ともに株価は年初来安値を更新しております。 運用を始めた方、もちろん運用歴の長い方でもこの相場はしんどくなっていることでしょう。 ただし、運用を考える上で一番重要なのはこの悲観的な状況でも冷静に物事を考えるようにする事とニュースや新聞などのメディアに惑わされない事。 私も仕事上、相場に直で接しているのでこのような状況の時にどのような行動を取るべきなのか悩み続けて…

続きを読む

【運用】金融商品は6種類覚えるだけ【初心者】

今回から具体的に運用をするにはどのような知識が必要になるのか基礎的な部分をお話ししていきたいと思います。 行員や証券マンに勧められすでに運用されている方は一度自分が保有している商品の仕組みの再確認の為にも目を通していただければと思います。 貯蓄と運用 まず、世の中にはたくさんの金融商品が溢れていて難しいと考えてらっしゃる方がいるのでここでまずご自身の保有する資金の性質とそれに合う金融商品は何なのかを確認していきましょう。 皆さんの資産は生活費やすでに使い道が決まっている資金を除いて単純に貯蓄と運用この2つに大別されます(運用を考えない方は貯蓄のみです) ここでは □できるだけ元本が動かない形で安定を求める資金が「貯蓄」 □自分のリスク許容度に応じてリターンを追及する資金を「運用」 という風に分けていきます。 この2つの性質に金融商品を当てはめていくとだいたいですが 貯蓄運用預金、定期株国内債外国債(外貨預金等含む)保険投信 となります。 世の中に出回っている金融商品はほとんどこの6つが基本になってます。 なのでこの6つの金融商品の仕組みがわかれば後は応用するだけでその他の金融商品の理解度が格段に上がります。 ほんとに誰でも勉強すればわかるような事ばかりですから気楽に覚えていきましょう。 このブログでは定期預金や保険に関しては説明省略させてもらい株や債券、投信をメインにお話させていただければと思います。 次回は株についてです。 補足:今後、説明する部分で…

続きを読む

【運用】自分のお金は自分で守る【初心者】

3回にわたって日本の現状を確認していきました。 まとめると、 1.日本人はあまりにも金融知識が足りなすぎます。 2.少子高齢化、人口減で今後の日本は大きな成長は望めません。 3.インフレ政策で皆さんの持っているお金は勝手に目減りし続けます。 現在の日本の政策が正しいとか間違っているとかハイパーインフレが起こるかもだとか色んな意見ありますがそんな事は正直気にする必要ありません。その議論は皆さんにとっては無意味です。アナリストや経済学者、研究者の方々が何を言おうがこの3点は現実に今、目の前ですでに起こっている現実です。 これらの事を踏まえ皆さんには少しでも金融知識をつけていただき、自分のお金を自分で守って増やしていってほしいのです。 だからと言って勘違いしてほしくないのは絶対に運用しないといけないという事ではありません。 守る方法はいくつかあります。 □収入を増やす(今の仕事をがんばって給料を上げるでもいいですし、何か副業を始める、もしくは起業するでもいいでしょう) □支出を減らす(家計簿の見直しをしましょう) □運用する(お金に働いてもらう) まずは現在の自分の状況からどうのように行動していくことがベストなのかこのブログが考えるきっかけになってくれれば幸いです。 それでは次回からは運用するを選択された方向けに運用をする為の基礎知識を簡単に説明していければ思います。

続きを読む